デパスの後を追うジェイゾロフト|うつ病に対する治療薬

世界で一番使われている抗うつ剤

うつ病は、誰にでも発症する可能性がある病気の1つです。
うつ病は発症の原因は様々あり、人によっては原因が1つの場合もあますし、多くのことが複雑に絡み合って症状を発症する場合があります。
また精神病のため心の病気であり、精神的な疾患のみがあると思っている人がいますが、実際は身体にも症状を伴う、心と身体の病気です。
辛いことや悲しいこと、または過去の経験などが引き金になることや、逆にうれしい事などがあっても変化していく環境に適応できなくうつ病になってしまうこともあります。
抑うつと呼ばれる状態や意欲の低下、睡眠の障害がでることもあります。
症状が悪化すると、自殺企図などをする場合があり、そういった場合は入院して治療をしなければなりません。
治療には非薬物治療と薬物治療の療法を行っていきます。
非薬物療法では、カウンセリングなどで患者さんの話を聞くことによって、何が引き金になっているかを引出したり、認知行動療法などの方法を行っていきます。
薬物療法の場合は抗うつ剤を用います。
抗うつ剤とは、SSRI、SNRI、NaSSA、三環系、四環系などの種類があり、症状や重症度によって使い分けられ、不安を取り除いたり、リラックスの効果があったり、意欲の低下を止めてくれる効果などがあります。
その中でも作用がしっかりとあって安全とされているクスリがSSRIです。
レクサプロといクスリがあり、脳内のセロトニンに作用し、落ち込んでしまった気分や意欲低下、集中できないなどの症状を緩和してくれるクスリです。
また世界でもっとも使用されている抗うつ剤がレクサプロです。
他には統合失調症などの治療などにも用いられるエビリファイというクスリがあり、脳内のドーパミンに作用し、気持ちを穏やかにしてくれます。
エビリファイも比較的安全性が高く、色々な精神症状に応用して使用される機会が多いクスリとなっています。
他にも多くのクスリの種類があり、ジェネリック医薬品なども多く販売されています。
自分にあったクスリをしようし、うつ病の症状を緩和させましょう。