デパスの後を追うジェイゾロフト|うつ病に対する治療薬

色々な治療に使われる薬

デパスとは、気持ちを落ち着かせリラックスさせてくれるクスリとなっている。
抗不安薬の1種であり、うつ病の初期症状としてよく発現する、不安や緊張を緩和してくれる効果があります。
万能薬と呼ばれることも多く、うつ病以外にも神経症や自律神経の乱れにより起こる心身症や睡眠導入剤としての効果もあります。
また首や肩のコリや腰痛、頭痛になども効果が発揮されます。
そのため病院などでも精神科以外の科でも処方されることがあるクスリです。
脳内にあるリラックス系のBZD受容体に結びつくことにより、リラックス系の神経を活発に活動させる作用があります。
特徴としてチエノジアゼピン系の抗不安薬になりますが、クスリの作用の仕方はベンゾジアゼピン系と似ているという少し変わっている事が特徴です。
作用も強く、効果的に治療を進めることができますが、半減期が6時間と短く、服用してからクスリが素早く体内から代謝または排泄されてしまう短時間型のクスリなので、長時間に渡りクスリが作用することはありません。
こういったクスリで一番注意が必要なのは依存性です。
服用量や期間が増えやすく、長期連用に繋がりやすく、依存してしまいがちです。
決まった量や期間のみ服用するようにすれば依存は回避することが出来るので、自己判断で服用方法を変えることはしないようにしてください。
デパスにはジェネリックがありエチラームというクスリがあります。
ジェネリックとは新薬の特許が切れてた後から製造販売されるクスリであり、開発の費用がほとんどかかっていないので、新薬に比べて安く購入できるクスリです。
含まれている成分も同様にエチゾラムであり、副作用も変わることがありません。
服用している方で毎回病院にいくことができない方などは、個人輸入代行サービスを使えば、海外から通販で購入することができるます。
個人輸入は個人使用の量であれば法律上も問題がないので、必要な方は購入してみてください。
ただし、使用は自己責任となるので、その点だけは理解して服用するようにしてください。